×

CATEGORY

HOME»  事業案内

事業案内

木に囲まれて、心地よく暮らす

我が国でも一昔前までは木造の家が当たり前でしたが、高度経済成長と科学技術の発展の結果、住宅事情は大きく様変わりしました。最近では、鉄筋コンクリートやビニールクロス、ステンレス、プラスチックなどが多用されるようになりました。 しかし便利で豊かになった反面、どうも身体の調子が思わしくない、と不定愁訴を訴える人が増え、心身症はまさに悩める現代人の現代病となってしまいました。

鉄筋コンクリートやビニールクロス、金属を多用した住宅に足りないもの。それは「木のぬくもり」です。見た目にもやさしい木の感触は、私たちにやすらぎをもたらしてくれます。木の家に足を踏み入れた時、かすかに清々しい香りを感じ、心地良い気分になった経験はありませんか。この清々しい香りの正体は、天然の木材が発する芳香成分「フィトンチッド」です。木の種類によって香りやその効用は様々ですが、気分を落ち着かせたり、咳を鎮めたりといった効果が知られています。

こういった木の家の魅力が、最近では様々な場面で見直され始めています。木造校舎が増え、木の机や椅子も復権しつつあります。木の机は肌触りが良く、温かみもあるため、子どもたちの気分を和やかにします。また、木の香りが気を落ち着かせ、学習効果を高めます。さらに木には室内の湿度をコントロールする優れた機能があり、金属やコンクリートに見られるような結露がなく、カビやダニなどの発生を抑えます。

日常生活の中により多くの木製品を

野球のバットを製材する会社から、時代の流れを経て業種問わず様々なお客様からご依頼を頂く、オーダー加工に特化した木製品加工業者へ。
 

事業内容

事業内容
  • 製材

  • 加工(建材、家具・什器、オーダー品製造)

  • 木製エクステリア(カーポート・キャビン・フェンス等)

  • スモークチップ

会社沿革

昭和31年 故中野正治が中野物産として創業。野球用バット素材生産を開始。
昭和42年 法人設立と同時に工場を現在地に移転。ブレイキングバット(合板)生産を開始。
昭和48年 製材工場を増設。
昭和63年 日本ヒルデブランド社製乾燥(50石)2基増設。
平成 2年 集成材製造を開始。
平成 4年 建築内装部材加工工場新設。
平成 5年 K型ムービングブレナー導入。
平成 7年 建築内装部材加工工場新設。
平成 8年 TARI SHVILI(当社製作の犬ぞり)が北の生活デザイン工業デザイン部門において銀賞を受賞。
平成11年 展示場CENTER FIELD(THE AMUSEMENT PARK OF WOOD)開設(本社工場敷地内)。

主要機械設備

機材用帯鋸盤、テーブル式バンドソー、バーカーほか製材設備一式、リップソー、ムービングブレナー、クロスカットソー3台、チッパー機1台、手動木材接着機一式、5軸モールダー、自動2面カンナ、自動1面カンナ2台、ジョインター、コンボーザーほか木材集成設備一式、角のみ盤、ルーター、昇降盤3台、木工倣い旋盤2台、手押しかんな盤2台、丸棒削り機、丸棒サンダー、ワイドベルトサンダー2台、超仕上かんな盤2台 スモークチップ製造機1台

CATEGORY

CONTENTS